株式会社ブレス、フロア、コーティング、フローリング、換気扇、フィルター、レンジフード、ハウスクリーニング、エアコン、クリーニング、掃除のブレスサイトマップ

 

ホーム > 家庭・パーソナル > インテリア商品 > レンジフードフィルタ

PDFPDF(575KB)

台所レンジフード専用レンジフードフィルター

台所レンジフード専用レンジフードフィルター
  • キッチン
レンジフードフィルターが選ばれる理由
使い捨てフィルターだからお手入れ不要。
バネ式なので交換も簡単。
お使いのレンジフードに合った寸法で専用取付枠とフィルターをご用意。(専用取付枠131種類、フィルター110種類 ※)ぴったりサイズで見た目もスッキリ。
油煙の吸い込みが良いので室内・外壁を汚さず、いつも快適。(フィルター厚約7ミリ)
難燃自己消火性なので安全・安心。

レンジフードの必需品お掃除が大変なレンジフードの汚れ対策

レンジフードフィルター

◎各メーカーのレンジフードのサイズに対応しているので安心です。

フィルターの素材は中空ポリエステルと難燃性のアクリルです。 厚みが約7ミリなので、油やホコリを吸収しても空気の流れはスムーズです。
フィルターの表面が黄ばんできたら、交換の目安です。
レンジフード断面イメージ
レンジフードフィルター

清潔なキッチンを守るレンジフードフィルター

市販のフィルターはサイズが合わなかったり、金網の上に取り付けるので吸い込みが悪かったりします。また、レンタルフィルターですと、汚れ具合に関係なく定期的に交換するため割高になってしまうこともあります。
レンジフードフィルターは専用取付枠131種類、フィルター110種類※と、キッチンのレンジフードにピッタリになるよう、各種サイズご用意してあるのでカットする必要がなく、そのままご利用いただけます。各ご家庭の使用頻度に合わせてフィルターを簡単に取り替えることができ、レンジフードの内部も汚れにくくなるので、経済的です。
レンジフードフィルター

取付方法

※ キッチン換気扇によっては、整流板がないものもあります。その場合は(2)〜(4)の手順になります。

レンジフードフィルター取付方法1

(1)整流板をおろします。
金属製フィルター(グリスフィルター)が見えます。

レンジフードフィルター取付方法2

(2)金属製フィルター(グリスフィルター)を取り外します。

レンジフードフィルター取付方法3

(3)レンジフードフィルターが入っている専用枠を取り付けます。

レンジフードフィルター取付方法4

(4)レンジフードフィルターはサイズがピッタリなので、見た目もスッキリです。

レンジフードフィルター取付方法5

(5)整流板を元に戻して取付完了です。

特徴

安全性
難燃自己消火性のフィルターなので、万が一調理中に火がついたとしても、フィルターが自ら収縮し、燃え広がる心配がありません。
財団法人日本防炎協会の試験「消防法施行規則第4条の3第3項」を準用して防炎性能も確認済です。
衛生面
フィルターの素材は中空ポリエステルと難燃性アクリルです。人にやさしい防臭・抗菌機能を加味しています。
経済性
フィルターは1回で約2か月ご使用いただけます。各ご家庭の使用頻度に合わせて交換していただけますので、経済的です。また約7ミリと厚みがあり、油やほこりを吸着させるのでレンジフードの内部が汚れにくくなります。
専用枠永久保証
転居・リフォームや破損の場合、同枚数の新品枠に無料で交換いたします。
市販のフィルターレンジフードフィルター

▲市販のフィルター(上)に比べ、レンジフードフィルター(下)は厚みがあり(約7ミリ)、油やほこりを吸着します。

ご注意

レンジフードフィルターは一般家庭用です。長時間使用される業務用には使わないでください。

フィルターの交換、取付作業は、必ずコンロの火を消し、レンジフードの電源も切ってから行なってください。

1回の使用期間約2か月はあくまでも目安です。キッチンの使用状況・調理の回数等で前後します。フィルターが黄ばんできたら、交換の目安となります。

汚れたままのレンジフードフィルターを使用されますと、フィルターが目詰まりし、換気能力が落ちます。お早めにお取り替えください。

火災予防条例により、レンジフードフィルターはガスコンロ等の調理器具との距離を1メートル以上離して、使用してください。

調理の際、ブランデー等のアルコール類を入れて炎をあげた場合、安全性のためフィルターが自ら収縮し、穴があいたりする可能性があります。

専用枠永久保証の範囲には、汚れによる交換は含まれません。専用枠の汚れは、スポンジに中性洗剤をつけて洗い流してください。

レンジフードフィルターは洗って再使用することはできません。

※専用取付枠とフィルターの種類数は、平成19年11月時点のものです。
お問合せ