株式会社ブレス、フロア、コーティング、フローリング、換気扇、フィルター、レンジフード、ハウスクリーニング、エアコン、クリーニング、掃除のブレスサイトマップ

ホーム > 家庭・パーソナル > エクステリア > UVカットフィルム

PDF PDF(622KB)

紫外線を99.5%カットUVカットフィルム

紫外線を99.5%カットUVカットフィルム
  • リビング
  • ダイニング
  • キッチン
  • 洋室
  • 和室
UVカットフィルムが選ばれる理由
紫外線によるフローリングや家具・調度品の日焼け・色あせを防ぎます。
地震や事故などによるガラス破損時に、破片の飛散を低減させる効果があります。
ガラスが割れにくく、破壊に手間がかかるため、空き巣の侵入を困難にします。
太陽光線の熱線を吸収し、空調効果をUPします。

安全・快適の両立防犯・防災にも役立ちます。

UVカットフィルム

◎インテリア・内装を日焼け・色あせから守ります。

UVカットフィルムは、紫外線を99.5〜99.8%吸収しますが、可視光線は98.2%を通します。
お部屋が明るいまま、紫外線をカットするので、見た目を損なうことなく、インテリアや内装を日焼けや色あせから守ることができます。
UVカットフィルム部分断面イメージ
上:UVカットフィルムあり。日焼けが見られない。下:UVカットフィルムなし。日焼けで新聞紙が黄ばんでいる。

家族と住まいの安全と安心を守る

健康・安全を
紫外線は人体にとってビタミンDの形成を促し骨の成長に役立つという利点があります。しかし、大量の紫外線になると、日焼け・皮膚ガン・視力障害など、有害であることも知られています。
室内に窓から差し込む太陽光も同じです。UVカットフィルムは、発ガン性があるといわれる400nm(ナノメートル、1nm=1メートルの10億分の1)以下の紫外線を99.5〜99.8%カットします。UVカットフィルムは、ご家族のお肌を紫外線から守るだけでなく、家具・カーテン・カーペットや畳の色あせ防止にも最適です。また、UVカットフィルムは、紫外線を99.8%までカットしますが、可視光線は98%通すので、お部屋は明るいまま、快適な室内を演出します。
防犯・安心を
空き巣犯はどこから侵入?穏やかで安心な暮らしを守りたい。大切なわが家の“安全”への対策、自衛手段はしっかりとっておきたいものです。空き巣にとって、絶対に侵入することのできない家はありません。そこで、最初から空き巣などに狙われにくい家にしておくことが、最も有効な対策となります。
防犯の基本は施錠ですが、住宅・事務所とも1階まわりで圧倒的に多いのが、窓ガラスの破壊による侵入です。
マンションにいたっては、最上階やその直下階でも、窓から侵入されるケースが多く見られます。つまり、空き巣のほとんどは窓から侵入するため、空き巣が嫌がる窓にすることが防犯の基本になります。空き巣が嫌がる窓とは、静かに破壊しようとしても割れにくく、強い力で叩く必要のあるガラスや、破壊に時間のかかる窓です。
そこで、ガラスにUVカットフィルムの出番です。侵入者は人の注意を引くような音や行動を嫌います。このUVカットフィルムを貼れば、衝撃に対する強度が増し、窓が割れにくくなり、侵入にとても時間のかかるので侵入者防止にたいへん効果的です。

特徴

1. 透明性
・可視光線透過率98.2%
・特許手法による、高い透明度、明るさ。
2. 伸縮性
・温度変化による伸縮が極めて少ない。
・寒冷時にフィルムのつなぎ目が開くことがない。
3. 表面硬度
・4Hと高い硬度で、傷がつきにくい。
4. 粘着性
・特殊粘着剤による強力な粘着力。
・フィルムを剥がしてもガラス面に粘着剤が残らない。
5. 紫外線吸収率
・吸収率99.5〜99.8%。
・波長360nmにおける紫外線透過率0.2%以下。
6. 耐候性
・特殊手法による抜群のフィルム耐候性。
・粘着剤およびフィルムの経年変化が極めて少ない。
ハンマーで叩いても、亀裂は入りますが、ガラスは脱落しません。

性能

紫外線吸収 99.5〜99.8%
透明度 可視光線透過率98.2%。 極めて明るい。
表面硬度 4H。 表面をハードコートしてあり、傷がつきにくい。
耐候性 使用粘着剤は特殊手法(特許取得済)により、耐候性が約10年と良い。
伸縮性 温度変化による伸縮が極めて少ない。
平滑性 ベースフィルム・粘着剤にムラが無く、視界が歪まない。
UVカットフィルム

ご注意

UVカットフィルムに汚れがついた場合は柔らかい湿った布、又はゴムスキージーで水洗いしてください。特に汚れがひどい場合は、中性洗剤を使用してください。

クレンザーなど、研磨剤入りの洗剤は使用しないでください。また、金ダワシ・スチールウール・ブラシなどの硬いものでこすらないでください。UVカットフィルムを傷つけ、効果を損ないます。

お問合せ