株式会社ブレス、フロア、コーティング、フローリング、換気扇、フィルター、レンジフード、ハウスクリーニング、エアコン、クリーニング、掃除のブレスサイトマップ

ホーム > ビジネス・社会 > リモデリング > 間取り変更

間取り変更

お部屋を自由にカスタマイズ

こまかく区切られた部屋をつなげてワンルームにしたり、増築して住まいを広げたり・・・

間取り変更は自由

間取り変更は自由
マンションで間取りを変更したいときは、まずどんな構造になっているかを確認することが先決です。一般的に高層のマンションでは、鉄骨造や鉄骨コンクリート造、中低層では鉄筋コンクリート造の場合が多いものです。中高層のマンションでは主に、ラーメン構造ですが、低層のマンションでは、ラーメン構造と壁式構造の2とおりがあります。
 
ラーメン構造は、コンクリートの柱と梁で建物を支える構造で、木造や軽量鉄骨下地の間仕切り壁は、ほとんど除去できます。けれども間仕切り壁をとってワンルームにしても、梁が部屋の真ん中を横切るようなプランになっては、圧迫感があります。リフォームを前提に中古マンションを購入するなら、梁の位置も確認するといいでしょう。また、水廻りなどの間仕切り壁にブロックが使われている場合は、撤去できないこともあります。
 
壁式構造は、コンクリートの壁で建物を支えます。室内に柱型がない反面、そで壁の構造壁があり、これはとり除くことはできません。そのため、間取り変更の際に制約があり、デザイン上の工夫が必要です。
 
間取りを変更すると、照明器具やコンセントなどの位置を変えることになります。コンクリートの壁や天井に直接仕上げ剤が張ってある、じか仕上げの場合は、照明などの位置を変えると配線が露出してしまうため、天井や壁を二重にする必要があります。また、構造壁や梁には穴があけられないので要注意。水廻りの位置を移動するには、床を上げるなどの工事を伴う場合があります。

壁や柱の撤去は慎重に

壁や柱の撤去は慎重に
柱や壁をとり除くことは、慎重に行わねばなりません。なぜなら、それぞれの柱や壁が建物の構造を支える役割を担っているからです。一部でも撤去するとほかの構造に過剰な負担がかかります。
 
2部屋をつなげてワンルームにしたり、増築して部屋を広げたりする際は、通し柱などの主要な柱は撤去しないこと。耐久壁の両側の柱も、とり去ってしまうと耐久壁としての強度がなくなるため、撤去はおすすめできません。どうしてもとり除きたいのなら、構造体のバランスが保てる位置に移動したり梁を補強したりします。ほかの壁や柱を撤去する場合も、補強が必要となることがあります。
撤去しなくても、既存の柱を部屋のアクセントにする、耐久壁を利用して収納をつくるなどの方法もあります。柱や壁に手を入れる、リフォームでは一級建築士が構造面のチェックをしながら、プランを提案します。

動線と視線を配慮

動線と視線を配慮
リビングのドアをあけて中に入り、ソファの後ろを通って掃き出し窓まで行く。このように、人が移動する軌跡を動線といいます。部屋の中をスムーズに移動するには、通路になるスペースが必要です。廊下やほかの部屋との行き来がラクにできないと、余分な時間がかかります。せっかく部屋が広くなっても、人の移動がしにくいようでは困ります。プランニングの際は、隣の部屋とのつながりも含め、動線をよく考えておくと失敗がありません。
 
もうひとつ忘れてならないのが、どの場所から何が見えるかといった視線計画です。ドアをあけたときに、目の前に障害物があれば、そこで視線がとぎれてしまいます。その結果、実際の面積より狭い部屋という印象に。ソファにすわったときに、目の前に掃き出し窓があれば、視線が外に抜けて、広がりを感じます。つまり、広く見せるには、視線が抜けるように、閉口部や家具の配置を考えておく必要があるのです。
 
生活感を抑えたインテリアにするには、繁雑になりがちな部分に直接目が届かないように工夫しましょう。オープン棚は、整理整頓が得意な人や、センスに自信のある人にはよいのですが、使い方によっては、乱雑な印象を与えることも。目につく場所なら、扉のある収納にしたほうがすっきりします。ワンルームのLDKに改造したら、キッチンがまる見えで落ち着かないというケースも。 オープンなLDKでは、キッチンを目隠しする腰壁やカウンター収納などを設けるといいでしょう。

工夫すれば、ワンルームにも2部屋にも

工夫すれば、ワンルームにも2部屋にも一戸建てでもマンションでも、2部屋をつなげて広々暮らしたいという要望が多いもの。大きなワンルームが、ときには独立した2部屋として利用できれば便利です。間仕切り戸には、主に引き戸と折り戸があります。引き戸は、すべて壁の中に引き込めるようにすると、あけ放したときに2部屋が一体になり、広々見えます。引き戸、折り戸ともつり戸にすると、床にレールがないため、あけたときにすっきりします。ただ、マンションの二重天井につり戸を設けるには、天井の補強が必要です。
お問合せ