オールチタンAT254(チタニア系ハイブリッド触媒)サイトマップ

光触媒の代替品、安全なオールチタンコート(チタニア系水性セラミックコート

ホーム > 環境 > オールチタン(AT254)

オールチタンコーティングのカタログ(PDF)がダウンロードできます PDF(941KB)
光触媒の代替品、安全なオールチタンコート(チタニア系水性セラミックコート
オールチタンの専用サイトもご覧ください

チタニア系水性セラミックコートオールチタン(AT254)

チタニア系セラミックコートオールチタン(AT254)
  • キッチン
  • 浴室
  • 洗面
  • トイレ
  • 収納
  • 和室
  • 廊下
  • 洋室
  • リビング
  • ダイニング
オールチタンのビデオ(chapter1) オールチタンのビデオ(chapter2) オールチタンのビデオ(chapter3) オールチタンのビデオ(chapter4)
オールチタンのビデオ(chapter5) オールチタンのビデオ(chapter6) オールチタンのビデオ(chapter7) オールチタンのビデオ(chapter8)
オールチタン(AT254)が選ばれる理由
防カビ・抗菌作用があります。
消臭・防臭効果があります。
有害化学物質を分解・除去します。
ランニングコストゼロ。
帯電防止効果があります。
人体に安全な「F☆☆☆☆(フォースター)」証明取得済。
光触媒の代替品、安全なオールチタン(チタニア系水性セラミックコート

“深呼吸したくなる部屋”をつくるLOHASなコーティング

オールチタン(AT254)

◎高い安全性と優れた特性

素材表面を、チタニア系化合物とスーパーオール254から成る、オールチタンが均一に覆います。高い耐久性もあるので、効果が長期的に持続します。
オールチタンコーティング部分断面イメージ・オールチタンコーティングを施工したガラス板の電子顕微鏡写真(倍率200倍拡大)・赤枠部分拡大写真(倍率2万倍):防カビ分子の均一分散多孔質組織が見られる

住まいと健康を守るコーティング

新触媒「オールチタン」によるコーティングは、空気中の水分と酸素に反応することで、健康を害する“有害化学物質”を分解します。空気と接することで触媒効果があるので、住まいの場所や昼夜を問わず、どこでもいつでも効果を発揮します。また、スーパーオール254の効果で、高い“防カビ・抗菌”の特性を発揮します。
ホルムアルデヒド放出量が基準値以下であることを証明する「F☆☆☆☆(フォースター)」を取得しています。

人に安全
環境にも優しい
チタニア系水溶液で毒性がなく、人にはもちろん、環境にも優しいコーティングです。人体に対する安全性は(財)日本食品分析センターの試験方法に基づいて認証済みです。また「F☆☆☆☆」を取得しています。
昼も夜も休まず
効果を発揮
エアコンや空気清浄機とは異なり、電気代などのエネルギーコストがかかりません。
新触媒の「オールチタンコーティング」は、押し入れや明かりのない部屋でも効果を発揮、持続します。
素材を傷めず
効果が長持ち
無色透明の超微粒子だから、床・壁・天井・家具などの素材を傷めずに施工できます。掃除で剥がれることなく、白色・変色・腐敗を起こさず、長期的に効果が持続します。
オールチタンコーティング(AT254)安全性が高く、消臭・抗菌・防カビ効果がある新触媒です

特 性

(1) チタニア系水溶液で毒性がなく、人にも環境にも優しくて安全。
(2) カーペットや家具などから発生する有害化学物質を分解。
(3) キッチンやバス・トイレなど水廻りのしつこいカビを防止。
(4) 空気中に浮遊する見えない雑菌の発生を防止。
(5) 気になるタバコやペット、トイレの匂いや腐敗臭も分解消臭。
(6) 高い耐久性があり、長期的に効果が持続。
(7) 無光触媒で光のない所でも、休むことなく効果を発揮。
(8) 噴霧式なので、どんな場所にでもコーティング可能。

「オールチタン(AT254)」の分解原理

オールチタンを噴霧し、完全硬化した対象物表面に空気中の水と酸化性分子が接触することで、表面反応(酸化還元反応)が起こります。その結果、強力な酸化力を有する水酸化ラジカルになって、表面に接触した化学物質を分解し、消臭・防カビ・抗菌効果が現れます。オールチタンの分解原理イメージ

よくあるご質問

効果はどれぐらい続くの?
光触媒の代替品、安全なオールチタン(チタニア系水性セラミックコート)
長期に持続します。
オールチタンの触媒効果は長期に持続します。ただし、オールチタンをコートした面を削ったり、リフォームなどでクロス等を張り替えた場合は、その部分に関しては効果がなくなります。
光触媒で問題視されている、酸化チタンの発がん性はAT254にもあるの?
光触媒の代替品、安全なオールチタンコート(チタニア系水性セラミックコート)
人体に影響はありません。
共同開発者である宮本大樹 理学博士から次のコメントをいただいています。

宮本大樹理学博士のお写真2006年に国際がん研究機関(IARC)は、酸化チタン(TiO2)の発がん性の分類を、グループ3(発がん性の区分外)からグループ2Bにあげました。また、毒性研究の専門家の大多数は酸化チタンは発がん性があると認識しており、動物実験でも、症状は弱いが、発がん性が認められる結果が出ています。また、酸化チタンは肺に吸い込むだけでなく、皮膚から吸収されるケースもその影響が懸 念されています。


このような発ガン性がある一方、化粧品・塗料・衣料品などにこれまで大量の酸化チタンが素材として使われいます。
日本での酸化チタンの生産量は年間24万5千トンになります。作られた酸化チタンは、塗料:7.4万トン、顔料・インキ:3.5万トン、合成樹脂:1.8万トン、紙:1万トン、化繊:3千トン、ゴム:2千トンに使用されています。
生活の中で人は酸化チタンと多く接触しているにもかかわらず、皮膚ガン・肺がんなどの原因が酸化チタンによる報告はほとんど見られいません。


私の個人的な見地では、酸化チタンは慢性毒性の程度がアスベストに比べ格段に弱い、もしくは、発がん性自体が弱いかのどちらではないかと考えます。
そもそも、酸化チタンの発がん性は純粋な結晶体において認められたものであり、シリカ系ガラス(アモルファス)物質中に固溶した場合とは異なります。


オールチタン(AT254)の場合は、基本的にガラス、岩石、土と類似の組成の物質中に酸化チタンが原子レベルで溶け込んだ状態で組成されいます。したがって、たとえ酸化チタンの発がん性が問題視されても、オールチタンの場合は、岩石や土と同程度の影響と考えられます。
オールチタンはナノ多孔体であり、素材に付着後の固体としては通常の土や岩石と変わりません。つまり、人体に取り込まれても特段の影響は考えられないのです。


宮本大樹 理学博士 プロフィール

[略歴]
昭和44〜46年 大阪大学産業科学研究所助手
昭和51年 京都大学理学博士
昭和46年〜平成14年 大阪府立産業技術総合研究所
その間、
 主任研究員
 ニューセラミックス研究室長
 無機新素材研究室長
 ファインセラミックスグループリーダー
 ファインセラミックスグループマネージャー
を歴任し、平成14年定年退職
[受賞歴]
平成2年 (社)粉体粉末冶金協会 研究進歩賞
平成3年 近畿通商産業局 局長賞
平成8年 科学技術庁 長官賞(研究功績賞)
平成14年 (社)日本セラミックス協会 功績賞
平成19年 (社)粉体粉末冶金協会 功績賞
[産学官共同研究プロジェクト等企画立案・遂行実績]
昭和59〜60年度 中小企業庁技術開発補助事業
「高強 度セラミックスの合成と応用に関する研究」
(研究主担者として参加)
平成2年度 中小企業庁技術開発補助事業
「微細構造制御による高靭性・高強度耐熱材料の開発」
(研究主担者として参加)
平成3〜5年度 大阪府産学官共同研究
「ミクロ及びナノコンポジット無機新素材の作製と応用に関する研究」
(研究主担者として参加)
平成7〜9年度 中小企業庁地域産学官共同研究
「ナノ制御材料の開発による高機能部品産業の育成と環境保全・浄化産業への応用」(研究主担者として参加)
平成9〜11年度 NEDO地域コンソーシアム研究開発事業
「セラミックベアリング用ナノ制御材料の開発」(研究主担者として参加)
平成10〜11年度 NEDOベンチャー育成型地域コンソーシアム研究開発事業
「高機能ゼオライトを用いた有害有機化合物の除去技術の開発」
(研究主担者として参加)
研究論文60編、出願特許40件
AT254をコーティングしたものへのお手入れの方法は?
光触媒の代替品、安全なオールチタンコート(チタニア系水性セラミックコート)
普段のお手入れは“柔らかいスポンジ”で。
オールチタンは空気に反応するので、コーティングされた表面に付着したほこりや汚れなどにより、効果が損なわれます。柔らかいスポンジを使い、水拭きや中性洗剤などでお手入れしてください。素材を傷つけてしまう恐れのある、タワシや研磨剤入り洗剤のご使用はお控えください。

ご注意

オールチタンの効力は長期的です。但し、コーティング表面に付着した物質等の原因により、その効果が損なわれる場合があります。

オールチタン施工したコーティング面に、クレンザーなどの研磨剤入り洗剤は使用しないでください。また金タワシ、スチールウールなどの硬いものでこすらないでください。いずれもオールチタンを削り、効果を損ないます。

現在、居住されているお住まいへ施工する場合は、施工の前にクリーニングが必要です。

オールチタン(AT254)について、もっと詳しく知りたい方へ

ハイブリッド触媒「オールチタン(AT254)」の特徴やホルムアルデヒドの分解モデルを説明等を掲載した詳細な資料を用意してあります。
詳細資料のページをご覧ください。

オールチタン(AT254)の試験データ・安全性を確認されたい方へ

ハイブリッド触媒「オールチタン(AT254)」の消臭・抗菌・防カビをはじめとする試験データおよび安全性を確認した試験データを用意してあります。
試験データのページをご覧ください。

お問合せ
光触媒の代替品、安全なオールチタンコート(チタニア系水性セラミックコート